So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

とうとう明日

 トロデーン行きは、とうとう明日。
 ああ、ホントに楽しみだな。久しぶりにワクワクして、何か落ち着かない。
 今日、メイドがパウンドケーキを作ってくれた。
 明日には丁度食べ頃になってるから、船の中でお召し上がり下さいって。
 フルーツがいっぱい入った、美味しそうなケーキだ。
 なかなか気が利くよな、ここの館のメイドたちは。ありがたく頂こうと思う。
 兄貴も、甘いものけっこう好きだしな。
 船の上は少し揺れるけど、美味しいお茶を入れて、兄貴と一緒に食べよう。
 船酔いしても、いいんだ。
 オレがもし船酔いしたら、きっと兄貴が側にいてくれる。
 大丈夫かね? って、オレの背中をさすって、抱きしめてくれるから。
 もし兄貴が船酔いしても、大丈夫だよ。
 そしたら、オレがずっと側にいて、介抱してあげるから。
 ケーキ食べて満足したら、一緒に海を眺めようね。
 甲板に出て、潮風をいっぱい浴びて。遠い水平線の向こうまで見えたら、きっと良い気持ちだろうな。
 楽しみだね、兄貴。
 ホントに、昨日からもう、楽しみで楽しみで。

 ああ、今夜は眠れるかな。
 オレ、眠れる自信ないよ。でも、寝ないと明日楽しめないしなぁ。
 あんまりオレがそわそわしてるのか、さっき兄貴に笑われた。
 もちろん、兄貴と一緒に旅するのが楽しみなんだよ。ソアと会えるからじゃない。
 ソアと会うのも、楽しみだけど。
 ホントはな。
 でも、それは兄貴には内緒だ。そんなこと言ったら、せっかくの旅が台無しだから。
 ソア、やっと会えるな。
 それに、ゼシカとヤンガスにも。
 ああ、明日は良い天気でありますように。
 お願いします、神様。
 
 
nice!(0)  コメント(1) 

兄貴と一緒に船の旅

 いよいよ、明後日にはトロデーン行きだ。
 何だかんだで、長かったなぁ。途中兄貴が風邪引いたり、オレが引いたり、あれやこれやあったけど。
 でも、荷物も何とか作り終わったし。
 結局、かなりの量の荷物になっちまった。まぁ、船で運ぶんだからいいけど。
 兄貴に出来ましたって報告したら、良くやったなって、褒めてくれた。
 オレを膝に呼んでさ。髪、撫でてくれて。
 我ながら子供みたいでアレだな、とは思うけど……
 こういう時が、やっぱり、嬉しい。
 こうやって兄貴が褒めてくれるなら、どんなことも頑張ろうって、思えるんだよな。
 オレが兄貴に褒めてもらうのも、嬉しいし。
 それに、オレを褒めてくれる兄貴の顔もさ。何となく、嬉しそうに見えるから。
 そんな兄貴に褒めてもらうの、好きだよ。
 その為ならオレ、頑張れる。
 実際、荷造りなんて大した仕事じゃなかったしね。ただ荷物詰めりゃいいだえだし。
 でも、兄貴に褒めてもらえて、良かったな。
 何か幸先良いって言うか、良い旅行になりそうだなって、ちょっと思う。
 オレの良い予感って、あんまり当たったことないけど。
 でも、今回はけっこう自信あるんだぜ。
 ソアにも、会えるし。
 楽しい旅になったらいいなって、ホントに思う。

 兄貴と船の旅、か。
 ああ、楽しみだな。すごく楽しみだ。
 波が穏やかだったら、兄貴と一緒に甲板を散歩しよう。
 それから、一緒に海を眺めて。
 日差しが強くなかったら、オレ、歌でも歌ってあげようかな。前に港町で聞いた、海の歌を。
 どんな歌詞だったっけ。
 あんまり覚えてないけど、でも、いいんだ。
 音楽さえ覚えてれば、それでい。メロディーは、ちゃんと口ずさめるから。
 楽しみだね、兄貴。
 本当に、楽しみ。
 船室にいる時も、ずっと一緒にいられたらいいな。
 兄貴と二人で、船の旅。
 ああ、本当に楽しみだ。
nice!(0)  コメント(0) 

兄貴の嫁さんになった気分

 兄貴がそろそろ支度をしておきなさいって言うんで、今日から旅行の為の荷造りを始めた。
 メイドトランクを持ってきてもらって、オレのと兄貴のと別に、あれやこれやと。
 メイドにも手伝ってもらうけど、ほとんどオレがやらなきゃいけないからな。大変だ。
 オレの荷物は、メイドに任せたっていいんだけど……
 兄貴のは、オレがやらなきゃだから。
 兄貴の身の回りのことは、オレがしなきゃいけないことだからな。メイドに任せたなんて兄貴に知られたら、きっと怒られちまう。
 でも、そうやってオレを信用してくれるのは、嬉しいけどさ。
 兄貴がオレを信じてくれてるんだから、オレも頑張ろう。

 荷物なんてそんなに要らないかと思いきや、案外必要なんだよな。
 サヴェッラほどじゃないけど、トロデーンもけっこう寒いから。寒がりな兄貴が風邪引かないように、暖かい下着も持って行かなきゃだし。
 式典だの何だのあれば、その都度違う法衣が必要だし。
 式典の無い時だって、毎日同じ法衣着せるわけにもいかないからな。
 兄貴の法衣ってがさばるから、しまうのが大変だ。
 また、向こうに着いてから荷ほどきするのが面倒なんだよなぁ。吊したまま持って行けたらいいのに。
 なんて、こんなことを考えると…… 何か、兄貴の嫁さんにでもなった気分だ。

 もしも兄貴が普通の男で、嫁さんをもらったとしたら、兄貴の嫁さんはきっと大変だっただろうなぁ。
 何しろあの性格だから、ご機嫌とるだけで精一杯だろう。
 って言うか、並の女に兄貴の嫁さんが勤まるわけないね。まず、オレが認めないから。
 兄貴が、もし嫁さんもらうなんてことになったら……
 オレ、おめでとうなんて、言えないと思う。
 兄貴が知らない女のものになっちゃうなんて、そんなの嫌だよ。そんな女、絶対姉さんなんて呼んでやらないんだ。
 ……そう考えると。
 兄貴が聖職者で良かったのかな、とも、ちょっと思う。
 聖職者なら、結婚なんか出来ないもんな。その点は、オレも心配ないわけだ。
 だから、その分って言うと、変だけど。
 その分、オレが頑張らなきゃな。

 よし、明日も荷造りがんばろう。
 明日は兄貴もやっと空いた時間がとれるらしいから、兄貴にも必要なものがあるか聞いてみよう。
 兄貴がオレを信じてくれてるなら……
 オレも、それに応えなきゃな。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

兄貴の帰りが遅い

 兄貴は、今日も忙しい。
 トロデーンに行くまでにやらなきゃいけないことがあるって、朝早く大聖堂に降りたっきり、執務室にこもりっぱなしだそうだ。
 まぁ、いつものことだけど。
 兄貴はいざ仕事に取りかかると、寝食忘れるからな。『仕事の虫』って言うのは、まさに兄貴のことだと思う。
 そうやって無理して、終いには倒れたりするわけだけど。
 まぁ、さすがの兄貴だって、今回は気をつけてると期待したいな。トロデーン行きもあるんだし。
 兄貴の側近の話だと、ちゃんと飯は食ってるらしい。
 なら、良かった。
 夢中になると飯食うのも忘れる兄貴だから。その辺は、ちゃんと気をつけてるみたいでよかった。
 どうせなら、館の方で仕事してくれたらいいのに。
 それだったら、オレも手伝えるんだけどな。仕事自体の手伝いは出来ないけど、資料とかの片付けしたり、お茶を淹れたり、それくらいはオレでも出来る。
 だけど、兄貴はあんまり館に仕事を持ち込まない。
 もちろん、館の執務室でもあれこれ書き物してはいるけど、それは執務と言うよりは…… 論文を書いたりとか、半分趣味の域だ。
 そう言う時は、オレにも手伝わせてくれるんだけど。
 でも、実際の『執務』になると…… 兄貴、オレにはほとんど触らせないんだよな。
 そういう仕事をする時は、いつも大聖堂の執務室だ。
 オレは、側に置いてくれない。
 オレも手伝いますって言っても、お前はお前の役割を果たしなさいって、そう言うばっかで……
 オレが、まだ未熟だからなのか?
 それとも、兄貴は…… オレのこと、信用してくれてないの?

 オレは、兄貴のことを信じてるけど。
 でも、あんまり兄貴の帰りが遅くて、ずっと一人で勉強してたりすると…… そんなつまらないことばっか、考えちまう。
 兄貴、早く帰って来ないかな。
 お帰りなさいって、兄貴に駆け寄って行ったら。
 ただいまって、兄貴がオレを抱き留めてくれたら。
 こんなつまんない気持ちなんか、綺麗さっぱり吹き飛んじまうのに。
 あーあ。
 兄貴、早く帰って来ないかな。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

ソアから手紙が来た

 昨日ソアに手紙を出したばっかなのに、今日ソアから手紙が来た。
 どうも、入れ違いになったらしい。向こうは向こうで、勝手に手紙送って来ててたんだろう。
 まぁ、構わないけどな。
 オレの言いたかったこともちゃんと届くし、ソアの言いたかったことも届いた。
 むしろ、早く来て良かったくらいだ。

 手紙によると、ソアのヤツ、やっぱりゼシカとヤンガスを呼び寄せてたらしい。
 もう二人ともトロデーンに着いて、オレが来るのを待ってるそうだ。
 またみんなで会えたらいいね、って。
 ソアのヤツ、何度もそう書いてた。
 ホントだよな。また前のメンツだけで会えたら、いいけどさ。
 でも、こればっかりは…… 兄貴のご機嫌次第だし。
 まさか、オレから兄貴に頼むわけにもいかないからな。そんなこと言ったら、どんな酷い目に遭わされるか。
 ソアのヤツが、巧いことしてくれるのを祈るばかりだ。
 アイツ、のほほんとしてるようで、案外考えるところは考えてるヤツだし。
 こないだの偽物天使事件で、兄貴内でソアの評価がちょっと上がったみたいだからな。
 その辺に期待、かな。
 でも、あんまり期待はしすぎないようにしよう。
 ダメだった時、辛いからな。
 もちろん、楽しみには楽しみだけど。
 でも、なるべく期待はしないんだ。
 その方が、もし会えなかったにしても、しょうがないで済むからな。

 トロデーンに行く前に色々やっておかなきゃいけないことが多いらしくて、兄貴は今日も忙しい。
 風邪で何日もロスしたのが痛かったらしいな。
 オレにも手伝えればいいけど、オレはまだ、兄貴の身の回りのお世話くらいしかさせてもらえないからなぁ。
 いつになったら、兄貴の補佐をさせてもらえるようになるのやら。
 兄貴は、オレは十分役に立ってるって言ってくれるけど……
 オレとしては、もっと兄貴の役に立てたらいいと思う。
 こんな、良い暮らしをさせてもらってるんだから。
 いつか、もっと兄貴の側で…… 兄貴の手伝いが出来るようになったら、いいのにな。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。