So-net無料ブログ作成

兄貴がソアへの土産を考えてくれた

 今日は、思い切って兄貴に聞いてみた。
 トロデーンへの、オレからの土産の件。兄貴の気分を害さないように、オレに用意しておくことはありますかーみたいな感じで。
 そしたら、兄貴。むぅ…… とか言い出して。
 一瞬、本気でヒヤッとした。またそれで怒り出すんじゃないかって。
 でもまぁ、幸い、そうじゃなかったらしい。
 難しそうな顔で背もたれに沈み込んで、私も色々と考えてはみたのだが…… って。
 少なくとも、怒ったような様子じゃなかったから、ちょっとホッとした。
 でも、「考えてみたのだが……」って言い方は、ちょっと気になったな。兄貴でも思いつかなかったのかなって、少し残念に思ったりもしたけど。
 でも、それもこれも、オレの心配しすぎってヤツだ。
 兄貴は、ちゃんと考えてくれてたんだよ。
 もちろん、怒ったりもしてなかった。オレに出来ることはあるかって、真剣に考えてくれてたんだ。
 だけど、それは後でわかったことで……
 その時は、オレを側に呼んで急に賛美歌を歌ってみなさいなんて言い出すから、ビックリした。
 何でこの展開で賛美歌?
 でも、まぁ、歌えって言われれば歌いますけど。
 今でも時々式典とかで賛美歌は歌うし、普通の歌よりも、むしろそっちの方が得意だし。
 とりあえずオレが歌ってみたら、兄貴、満足そうな顔で聞いてくれてた。
 兄貴、オレの歌が好きなんだよな。
 よくオレに歌えって言うし、いつもそうやって満足そうに聞いてくれる。だから、オレも兄貴に歌ってあげるのは好きだ。
 だから、驚いたよ。
 歌い終わった後、兄貴が、その賛美歌をトロデーンへの土産にすれば良いって、言い出した時は。
 正直、えええーって感じ。
 だって、兄貴はいつも「私の為だけに歌いなさい」って言うんだぞ。なのに、トロデーンの…… って言うか、ソアの為に歌っちゃっていいの?
 でも、その辺はやっぱり兄貴だ。
 もちろん、トロデーンの為というのは表向き。お前の歌は、この私だけに捧げられるものだ…… なんて。ちゃっかり、そう釘を刺しやがった。
 やっぱり、兄貴は兄貴だよ。
 だけど、良かった。
 今のオレにも、ちゃんと『オレのもの』があったんだな。
 オレの歌は、間違いなくオレのものだ。オレから誰かにあげることが出来る、オレのもの。
 こんな今のオレにも、出来ることがあるんだ。
 そう思ったら、何となく…… ホッとした、かな。正直。
 兄貴は、それを教えてくれたんだ。
 それで、ソアやトロデーンの人にあげてもいいって、許してくれたんだ。
 ……まぁ、あくまでも兄貴の為に歌えって条件付きだけど。
 でも、良かった。これで、安心してトロデーンに行けるよ。
 それに、これでソアにも会える。
 土産を楽しみにしてろって、胸を張って言えるんだ。本当に、良かった。
 さっそく、ソアに手紙を書いた。
 もうすぐ行くから、歓待の支度をして待ってろよって。
 あいつのことだから、きっともうヤンガスやゼシカを呼び寄せてくれてるだろう。その点、抜かりのないヤツだから。
 ああ、楽しみだな。
 賛美歌の練習をしとかなきゃな。オレに限ってトチることなんてないけど、念には念をだ。
 ありがとう、兄貴。いいことを考えてくれて。
 お礼に、今夜は風呂で背中を流してあげる。あと、肩揉みもつけてあげるから。
 ソアへの手紙が、早くソアに届きますように。
 ああ、楽しみだな。
nice!(0)  コメント(0) 

兄貴は覚えてくれてるのかな……

 オレが一日寝込んでた間に、兄貴の風邪はすっかり良くなった。
 オレの方も、寝込んでたって言っても、ただ起きられなかったってだけで。
 風邪もうつされなかったみたいで、良かった。
 まぁうつされてたのかもしれないけど、発症しないで済んだみたいだ。暖かくして寝てたおかげかな。
 ともかく、兄貴が元気になって良かったよ。
 今日はすっかりいつも通りの調子で、元気に大聖堂に降りてったし。あの調子なら、もう大丈夫だろ。
 オレの方も今日はもう元気だし。
 この分なら、トロデーン行きは問題なさそうだな。

 気が付けば、もうあと1週間くらいなんだよな。兄貴が風邪引いたりしてたせいで、もうこんな間近だ。
 どうしよう、トロデーンへの土産。
 兄貴が考えてくれるって言ってたけど、ホントに考えてくれてるのかどうか。
 風邪ひいたせいで、すっかり忘れてるってことも考えられるよな。
 いや、兄貴に限ってそれはないと思いたいけど。
 でも、もしかしたら、うやむやにする気なのかもしれないし……
 いやいや、兄貴を信じるんだろ、オレ。
 そんな疑ってかかっちゃダメだ。兄貴のこと、まずは信じなきゃ。
 だから、きっと…… 覚えててくれてると、思うんだ。
 オレは、そう信じてる。
 疑うくらいなら、確かめてみればいいんだよな。兄貴に、直接。
 トロデーンへの贈り物の件ですが、何かオレがしておくことはありますかって。
 それなら、自然だろ?
 兄貴が帰って来たら、聞いてみよう。

 オレには、オレのものなんて何もないからな。
 ソアへの土産さえ、何を持ってったらいいか思いつかないってのも…… ちょっと、アレだとは思うけど。
 でも、まぁ、しかたないよな。
 オレは、法王様の弟君。
 兄貴のおかげでこんな良い生活させてもらってるんだ。自分のものなんてなくても、別に不自由ないしな。
 トロデーンへの土産も、きっと兄貴がいいのを決めてくれるだろ。
 それを、待っていよう。

 トロデーンの方も、今頃支度あれこれしてるんだろうな。
 ソアがあっちこっち走り回ってる姿が目に浮かぶよ。
 ソアも今や近衛連隊長様だけど、自分が動かないと気がすまないタイプだからな、アイツ。
 楽しみだ。
 もうすぐ、会えるんだな。ソア。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

兄貴はやっぱり兄貴だ

 こうも身体がけだるいのは、風邪をうつされたせいなのか、それとも……
 昼間になってやっと気分が良くなって来たから、起きて日記書いてる。
 兄貴は向こうの部屋で仕事してるのか。
 さすがにまだ大聖堂に降りる元気はないみたいだけど、仕事が出来るようになったのはよかった。
 その代わり、オレがこうやってベッドでごろごろしてるわけだけど。
 あーあ。
 風邪はうつした方が早く治るっての、ホントかもしれないな。

 それにしても、兄貴のやつ。
 オレが寝込むハメになったかと思ったら、兄貴の方はけろっと元気になってるんだもんな。
 何か、ムカつく。
 病人だと思って、優しくしてやったら…… つけこみやがって。
 昨夜、一緒に寝ようって言うからさ。
 兄貴ってば風邪のせいで心細くなってるのか、可哀想だなーと思って、言われるまま寝てやったら……
 ……チクショー。
 オレとしたことが、騙された。
 だってさ。病人のくせに、まさかそんな気力あるとは思わないだろ、普通。
 ああ、ホントにやめて欲しい。
 心臓に悪いし。
 そうやって、オレが寛容な気持ちになってる時に限って、そういう漬け込むようなこと……
 相変わらず、酷い人だ。兄貴は。
 そういうとこ、全然変わらないよ。
 ただ、変わったとこがあるとしたら…… そう、だな。
 優しくなった、かもしれない。
 たぶん。
 ああ、思い出すなよオレ。顔が赤くなるから、もう。

 でも、オレも変わったのかな。
 前は、2・3日は立ち直れなかったような気がするけど…… 何か、あんまりそういう感じ、しない。
 だって。うん。
 別に兄貴、オレを苛めようとか、そういうつもりじゃないって。何となく、わかったから。
 兄貴が何を考えてるか、相変わらず、オレにはわからない。
 でも、兄貴が何を考えてるかわからなくても、そんなに「怖い」って思わなくなった。
 兄貴を、信じてるから。
 ね、兄貴。
 オレは、兄貴を信じてればいいんでしょ?
 兄貴はいつも言う。私だけを見ていなさい、って。
 だから、それでいいんだよね。
 それでいいなら、こっちとしても気が楽だ。ただ、信じてればいいなら。
 ……それもどうかなって思うことも、あるけどさ。
 でも、まぁ。
 今日は、そういうことにしとく。

 それにしても、兄貴の風邪は治ったけど…… オレ、風邪うつってないだろうな。
 やだよ、それでトロデーンに行けなくなるの。
 今日はひとりでぐっすり寝て、なんとか発症しないようにしよう。
 全くもう。
 オレに風邪がうつらないように、気を使ってくれてるのかなーなんて思ったけど。
 オレがバカだった。
 兄貴は、やっぱり兄貴だよ。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

予防対策はバッチリ

 今日一日ゆっくり休んだおかげで、兄貴の具合はだいぶ良くなったみたいだ。
 熱もすっかり下がったし、食欲も戻ってきてる。
 ただ、まだお粥くらいしか食べられないみたいだけど。食べてくれただけマシかな。
 何も食べたくないって、意地張られてるよりは。
 食欲が落ちた時の兄貴は、何かホントに駄々っ子みたいだからさ。
 いくら勧めても頑として食べたがらないから、宥めるのが大変なんだ。終いには、そっぽ向いて口も利かなくなっちまうし。
 困ったオレが半泣きでお願いして、やっとしぶしぶ食べてくれるって感じ。
 一口食べてみれば、それなりに食べられるようになるのにさ。
 全くもう。しょうがない人だな、兄貴は。
 変なところ、ガキっぽいんだから。
 でも、朝のお粥はオレが残りほとんど食べた感じだったけど、昼と夜は兄貴ひとりで全部食べてくれたし。
 少しでも食べられるようになってきて、ホント良かった。
 この調子なら、明日にはもっと食欲も戻ってくるかな。
 熱もぶり返しそうな様子もないし、今もぐっすり眠ってる。寝顔が苦しそうじゃなくなって、良かった。
 この分なら、トロデーン行きも大丈夫そうだ。
 一時はどうなるかと思ったけど、来週までにはすっかり元気になってると思う。
 まぁ、オレに風邪がうつってなければ、だけど。

 でも、今回は大丈夫じゃないかな。
 うがい手洗いもこまめにしてるし、いつもより多めに飯食って、栄養もしっかり摂ってたから。
 兄貴が辛そうにしてるの見ると、オレまで食欲出なくて…… 多めに食べるのは、正直きつかったけど。
 でも、それでオレまで元気なくしてたら、あっという間に風邪うつっちまうからな。
 兄貴の風邪ならうつってもいいけど、やっぱり、トロデーンには行きたいし。
 ソアにも、会いたいもんな。たまには。
 これからちょっと風呂入って、しっかり温まって来よう。
 身体暖めておいた方が、風邪もうつりにくいんじゃないかと思うし。
 兄貴は、まだ起きそうもないな。
 でも、一応書き置きを残しておこう。風呂に入って来ます、って。

 待ってて、兄貴。
 オレ、すぐに戻って来るからね。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

兄貴が熱を出した

 今朝、兄貴がベッドから起きて来なかった。
 おかしいと思って兄貴のベッド覗いてみたら、案の定、枕に埋もれてぐったりしてるし。
 慌てておでこに触ってみたら、ビックリするほど熱いんだ。
 ああもう、何でもっと早く言わないのかな兄貴は!
 いつもいつも、こうなるまで放っとくんだから。変なとこ学習能力無くて困るよ。我慢強いのもほどほどにしろって言いたい。
 どうやら兄貴、目は覚めてたらしい。
 オレの手離させて「風邪がうつるからあっちへ行きなさい」なんて言いやがるから、さすがのオレもちょっと怒った。
 こんな時だけ何言ってんだろ、あの人。
 そんなことで気を使うような人じゃないはずだ。いつも自分勝手で、強引で、無理矢理なのに。
 風邪なんかうつったって構いません! って、ちょっと大きな声出してやった。
 言っちまってから、ちょっとビクッとしたけど。
 でも、そうしたら兄貴、意地悪そうに笑って…… 「トロデーンに行けなくなっても知らんぞ」なんて、冗談っぽく言うんだ。
 そりゃ、風邪引いてトロデーンに行けなくなるのはイヤだけど。
 でも、兄貴が風邪でダウンしてたら、どっちみちトロデーンには行けないんだしさ。
 オレにうつして兄貴の風邪が治るなら、その方がずっといい。
 そんなの迷信かもしれないけど、でも…… 風邪で辛い思いしてる兄貴見るなら、オレが風邪引いた方がマシだ。
 だから、行けなくなっても構いませんって、言ってやったよ。
 そしたら兄貴、ちょっと安心してくれたのかな。
 それ以上オレを追い払おうとしないで、側にいなさいって言ってくれた。
 兄貴、もしかしたら…… オレに、気を遣ってくれてたの?
 オレがトロデーン行きを楽しみにしてるから、オレが風邪引いて行けなくならないように、って。
 ……まさか、な。
 あの兄貴に限って、そんなこと、あるわけないか。
 一時期は、ソアの名前を出すだけでも激怒してた兄貴だ。いくら最近丸くなって来たって言ったって、なぁ。

 まず水が欲しいって言うから、フラスコの水を注いであげた。
 それから着替えを手伝って、おかゆを食べさせてやって、額の汗拭いてやったり……
 いつもそうだけど、兄貴は、オレにしか看病させない。
 オレがどうしても大聖堂に行かなきゃいけない時は、誰も部屋に入れないようにしてるらしい。
 兄貴って、人嫌いなところあるからな。
 それに、妙に見栄っ張りだし。弱ってるところ見られたくないんだろう、きっと。
 でも、オレだけは追い払ったりしないで、看病させてくれる。
 それは、ちょっと嬉しいな。
 兄貴が辛そうにしてるのを見るのは、オレも辛いけど。
 でも、兄貴がそんな弱ってる時に、オレを側に置いてくれるのって…… 何か、自惚れそうになって、困るよ。
 ねぇ、兄貴。
 兄貴にとっては、オレが一番使いやすいとか、それだけの理由かもしれないけど。
 でも、オレは、ちょっと嬉しいよ。
 兄貴が、オレを信頼してくれてるみたいでさ。すごく、嬉しいんだ。
 なんて、ね。
 兄貴が病気で苦しんでる時に、そんなこと考えてちゃいけないよな。もっと、オレも神妙にしてなきゃ。

 朝は熱が高くて辛そうだったけど、昼頃になったら少し下がって来て良かった。
 寝顔もだいぶ楽そうになったし。
 いっぱい寝たから、明日にはちょっと良くなってるだろうと思う。
 今も、眠ってる兄貴の側で日記を書いてる。
 兄貴の寝顔見るの、好きだな。
 カッコイイんだけど、何か、ちょっと可愛い。
 ねぇ、兄貴。
 今夜は、オレがずっと側にいるからね。
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。